『フランスオペラの夕べ』オペラサロン トナカイ・2015年9月17日(木)

オペラサロン トナカイさんのコンサートに出演致します。

フランス・オペラの夕べ-Vol.1-
~グノー 二大オペラと恋人たちの旋律~

です。

6月に歌わせて頂いたオペラサロン トナカイさんの出演2回目です。
今回は、フランス・オペラ特集です。

なぜ、私に歌えと?
しかもよく見ると第1回目みたいですし…

音楽アドバイザーの東小野さん曰く
「何事にも初めてがあるんです。」
と。

そうなんです、私フランスオペラは人前で1曲も歌った事ないのです。
だって、「じゅてーむ」とか
「ぷらんた~ん」とか
楽譜に書かないと読めない位、私には難しいのです。

イタリア語と似たようなもんじゃないって仰る?

いえいえ、茨城語と栃木語ぐらい違います。
はい、峠越えたら別世界です。
領土不可侵が原則です。

そして、最初の課題が「ロミオとジュリエット」

いやー、いやいや、随分高いハードルです。
(音も高いんです(涙))


泣き言はこれくらいにして、


こちらです。


【公演日】2015年9月17日(木)18:30開演
【出演】 森 真奈美( S )
     砂田 愛梨(S)
     岡坂 弘毅( T )
     相山 潤平(T)
     神保 道子(Pf)
【公演会場】イタリアンレストラン サン・ミケーレ
          JR 浜松町駅 北口徒歩3分
          都営浅草線/大江戸線 大門駅 A2出口徒歩2分
【チケット】全席指定
      ○ディナー付 8,000円 
          コンサート&コース料理・1ドリンク付き
      ○ドリンク付  4,800円 
          コンサート&1ドリンク付き 後方席

【プログラム】

グノー作曲
 《ロメオとジュリエット》 私は夢に生きたい(砂田S)
              さあ 私はあなたを赦します(砂田S/相山T) ほか

 《ファウスト》 この清らかな住まい(岡坂T)
          宝石の歌(森S)
          私の心は恐怖に満たされている!(森S/岡坂T) 

マスネ作曲 
 《ウェルテル》  春風よ なぜ私を目覚ますのか(相山T)    

                                  ほか


オペラサロン トナカイさんのホームページはこちらです


オペラサロン トナカイさんのご案内文にはこのように書いてあります。

甘美で豊麗なメロディに満ちたフランス・オペラ。その中でもグノーの二大オペラ「ロメオとジュリエット」「ファウスト」の愛の旋律にスポットあて、美しいアリアや愛の二重唱を中心としたコンサートをお贈りします。

それぞれのヒロイン役(ソプラノ)には、繊細で可憐な歌唱の森真奈美、そして若手で伸びのある美声と驚異のテクニックを持つ砂田愛梨が、恋する乙女や愛に殉じる女性を演じます。

またヒーロー役(テノール)は、トナカイでもお馴染み、爽快で心地よい歌唱と高音の持ち主岡坂弘毅と、今回トナカイ出演2度目となる、伸びやかな美声の相山潤平の布陣。やや繊細な愛の言葉を操るフランス男ぶりをご覧いただきます。

ベテランで安心のオーケストラ、神保道子のピアノで、壮麗でそして優しい華やかさに溢れたフランス・オペラの世界をお楽しみいただきます!

皆様のご来場をお待ちしております。



…だそうです。
…がさつが服を着て歩いている様な私が、繊細ですか…
看板に偽り有り‼と残念な事にならないように、気をつけてみます。

私が歌わせて頂く予定の曲は、
シャルル・グノー作曲の歌劇「ロミオとジュリエット」の
ロミオのアリア"恋よ、恋よ"

同じく四幕で歌われます
ロミオとジュリエッタの二重唱"さぁ、私はあなたを許します"

そして
ジュール・マスネ作曲の歌劇「ウェルテル」から
"春風よ、なぜ私をめざますのか"(オシアンの詩)

以上の3曲です。

「ロミオとジュリエット」は、皆様ご存じのシェークスピアの悲劇が
原作の悲恋のお話ですね。

おー、ロミオ。あなたはどうしてロミオなの?
の、あのお話です。

最初に歌いますアリアは、ジュリエットを一目みて恋に落ちたロミオが
ジュリエッタの部屋のバルコニーの下、
ジュリエットが窓から顔を出して夜の闇をその美しさで照らしてくれ、
と歌います。

甘々ですが、音も高いです。必死が必至です。

仇敵の屋敷に二度も潜り込むとは良い度胸と言うか、
恋は盲目というアレです。
そんな若さが私もホシイ~

せめてフランス語でなければ…

次に歌います二重唱は、ジュリエットとの 二人だけの婚礼の夜の歌です。

ジュリエットの従兄弟ティバルドを殺害した罪で、
追放の身になったロミオがジュリエットの元に忍び逢いに来て
二人だけの束の間の夜を過ごします。

はぁ~、書いているだけで妄想してとても恥ずかしいです。

前回の「蝶々夫人」の二重唱に引続きの、大甘です。
またしても、初夜の歌で、うーんどうしよう…

一緒に歌って下さるソプラノ砂田愛梨さんは
容姿も歌声も可憐で美しくて、ジュリエットにぴったりです。

いつも素敵なソプラノさんと歌えて、私幸せですです。
聞き惚れて自分歌うの忘れそうです。

でも、これも音高いので、
必死なおっさんが若い娘さんに軽くあしらわれる、
の図にならないように適宜歌ってみたいと。

無理ですかねぇ~

そして、3曲めの「ウェルテル」は、
これまた文豪ゲーテ原作のお話です。

「若きウェルテルの悩み」が元の題名ですね。
マスネの歌劇で最大傑作と言う方も多いです。

狂おしいシャルロッテへの愛の為に、ウェルテルは銃で自決するんです。
このアリアは自決少し前、クリスマスにシャルロッテの家に訪れた際に歌うのが、
このオシアンの詩を歌ったものです。
この歌のシャルロッテとのやり取りでウェルテルは死を決意します。

若くもありませんし、悩みも体重と血液検査の数字位ですけど、
やっぱり音高いので、ちょうど必死な感じは出ると思います。

お客様の前で自決するハメにならないように、頑張りたいと思います。

あと他お二人の歌い手、
森さん岡坂さんには未だお会いできていないので、当日を楽しみにしてます。

ピアノの神保道子には、私が音大生でした時に大変お世話になりました。
今回が10?年ぶりの再会で、心踊っております。

パッション全開で、きっと弾いて下さると思います。
愛情たっぷりに弾いて下さると信じております。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

そんなこんなで、公演はもう来週と迫ってしまいました。
お席にまだ余裕があるようです。

もし宜しければ、イタリアンを食べながらお耳でフレンチ(?)
なんて、いかがでしょうか?

おや、結構素敵かもしれませんね。

皆様のご来場そして暖かい応援を
心から心からお待ちしておりますm(._.)m
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あいやまじゅんぺい

Author:あいやまじゅんぺい
相山潤平
オペラ歌手(テノール)
国立音楽大学大学院修了
ミラノ市立音楽院修了
リッソーネ市第2回国際オペラコンクール最優秀テノール賞受賞
日本とたまにイタリアで演奏活動中。

最新記事
カテゴリ
公演予定
2017年7月23日(日)
All Of Me Club「はなしまなおみ with アンサンブルフレーズ ライブ」
六本木 All Of Me Club
18時30分開演

2017年7月30日(日)
子どもオペラ学校「魔笛」
日立市シビックセンター
14時00分開演

2017年9月7日(木)
二期会「新進声楽家の夕べ」
上野 東京文化小ホール
18時30分開演

2017年9月28日(木)
東京室内歌劇場「ベルカントの世界」
渋谷区総合文化センター大和田伝承ホール
18時30分開演
        
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お問い合わせ
ランキング

FC2Blog Ranking