飛び入りゲストで歌ってきました

爽やかな五月。なのにもう夏のような暑さ。上着を脱いで、半袖になって、
これ以上私にどうしろと。
ああ、夏が怖い…

そんな中、またも飛び入りゲストで一曲歌って参りました。

先の5月22日(土)午前10時にひたち野外オペラ第4回公演《マクベス》
チケット発売に併せてアトリウムコンサートが催されました。

出演はピアニストの鈴木範之さん
シビックアトリウム
こんな、感じでのピアノコンサートに乱入してまいりました。

それは、先日の第25回日立市出身者によるコンサート「音楽の園」
歌劇「マクベス」から、一曲取り上げて歌ったのがきっかけとなり、
終演後に演奏会の事務局をされていた鈴木さんとの
冗談話から実現してしまいました。

彼は9年前の「音楽の園」で共に出演した際にトリを立派に弾かれていたのを
よく憶えております。

そんな訳で、
歌劇「マクベス」よりマクダフのアリア
     ”ああ、父の手は”(ジュゼッペ・ヴェルディ)
を、広報やら景気づけに少しでも役立つならばと歌って参りました。

ロビーも天井がとっても高く良く響くので、気持ち良く歌わせて頂きました。
鈴木さんは伴奏でも余裕の演奏でした。

それで、終演後の写真がこれです。


アトリウム2convert_20150524204455

テノール鈴木範之さんと
ピアニスト相山潤平です。

嘘です。


ハイ、まるでどっちが歌い手かって衣裳ですね。
これ、冗談じゃないんです。

鈴木さん、この格好でマクベスの前奏曲~魔女の合唱、そしてマクダフのアリア、
更に更にベートーベンのテンペストまで弾ききってました。
この鈴木さんの着ておられる衣裳が「マクベス」で実際使う衣裳の一つで、
しかも市民の手作りらしいのです。

どんだけなんでしょ、日立市民のオペラ愛!!!!
私も負けていられませんです。

そして、嬉々と舞台衣裳を着こなし
軽々としかし情熱的なピアノを弾く鈴木さん。
かっこいいですよ、普通できないっす。

ご来場の皆様そしてチケットお買い上げ下さった皆様、
ほんとうにありがとうございます。

今年の日立の夏は熱くなりそうです。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

あいやまじゅんぺい

Author:あいやまじゅんぺい
相山潤平
オペラ歌手(テノール)
国立音楽大学大学院修了
ミラノ市立音楽院修了
リッソーネ市第2回国際オペラコンクール最優秀テノール賞受賞
日本とたまにイタリアで演奏活動中。

最新記事
カテゴリ
公演予定
2017年7月23日(日)
All Of Me Club「はなしまなおみ with アンサンブルフレーズ ライブ」
六本木 All Of Me Club
18時30分開演

2017年7月30日(日)
子どもオペラ学校「魔笛」
日立市シビックセンター
14時00分開演

2017年9月7日(木)
二期会「新進声楽家の夕べ」
上野 東京文化小ホール
18時30分開演

2017年9月28日(木)
東京室内歌劇場「ベルカントの世界」
渋谷区総合文化センター大和田伝承ホール
18時30分開演
        
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お問い合わせ
ランキング

FC2Blog Ranking